衛生管理者.com
Do your Best!
衛生管理者試験

衛生管理者試験の難易度・合格率は?1種も2種も約50%!講習は必要?

合格率50%
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
2020年に第1種衛生管理者資格を取得した衛生管理者カエルです!

「衛生管理者」資格は国家資格なので、取得が難しいと不安になっていませんか?

「衛生管理者」は合格率が約50%ですが、受験の条件が厳しければ、試験内容が簡単とは限りませんよね。

本記事では、衛生管理者試験の合格率および難易度をわかりやすくまとめます。


・衛生管理者試験の合格率が約50%ってホント?
・衛生管理者試験の難易度はどのくらい?わかりやく他の資格と比較してほしい。
・合格するのに講習などを受けないといけない?

そんな疑問を解決します!

この記事を読んでいただければ、衛生管理者資格がそんなに難しい資格ではないことが理解いただけると思います。

衛生管理者試験は何回でも受験できる、合格率が50%に近い試験です。

仕事
衛生管理者資格とは?概要をわかりやすく説明。免許証を取得する国家資格「衛生管理者」は労働安全衛生法で定められた国家資格です。就業場所における衛生管理(作業場所の管理や従業員の健康管理など)を適切に進めるために、50人以上の労働者がいる事業場では必ず「衛生管理者」を選任することを定めています。...

衛生管理試験の合格率・問題数

勉強中ウーパー
勉強中ウーパー
合格率50%ってホント?講習を受けた人しか試験を受けられないとか?
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
だいたい2人に1人は合格するよ!受験資格を有していれば、講習などはなく、何回でも試験を受けることができるよ!

まず、衛生管理者には第1種と第2種があります。自動車運転免許のようなもんですね。

第1種は全ての業種、第2種は特定の業種に対応しています。第1種の方が幅広くできると覚えておけばいいと思います。

合格率は第1種が40〜50%、第2種が50〜60%です。だいたい2人に1人が合格するので、そんなに難しくはないでしょう。

出題数については「五者択一」が44問です。

この中で全体の正答率が60%、各出題項目の正答率が40%以上で合格です。全部、選択式で60%以上はいけそうな気がしませんか?

関係法令(有害以外)
関係法令(有害業務に係るもの以外)【第1種・第2種衛生管理者試験科目】衛生管理者試験の出題科目、5科目のうちの1つである「関係法令(有害業務に係るもの以外)」について説明しています。「労働安全衛生法」「労働基準法」関係の問題で、比較的楽しく勉強できる科目だと思います。...
労働衛生(有害以外)
労働衛生(有害業務に係るもの以外)【第1種・第2種衛生管理者試験範囲】衛生管理者試験の出題科目、5科目のうちの1つである「労働衛生(有害業務に係るもの以外)」について説明しています。「労働場所の環境」、「健康増進」、「労働災害がおきた時の対応」などが対象で、日常で役に立つ知識も多いです。...
労働生理
「労働生理」【第1種・第2種衛生管理者試験範囲】衛生管理者試験の出題科目、5科目のうちの1つである「労働生理」について説明しています。関連する用語としては、「血液」「心臓の動き」「呼吸」「栄養素と消化」「代謝」「腎臓または尿」「筋肉」「神経系」「感覚器」「視覚」「聴覚」「ストレス」「疲労」など...

合格に必要な勉強時間は2ヶ月くらい

必要な勉強時間は2ヶ月くらいと言われています。

それも1日8時間を2ヶ月ではありません。多くの人は仕事をしながら隙間時間を使っての2ヶ月程度だと思います。第2種だともっと少なくても大丈夫です。

イメージとしては、通勤時間に問題集を読んだり、試験2週間前くらいは休日にも勉強したりする感じでしょうか。

また、勉強内容には一般常識的な内容や労務関係な内容も多く、普段の仕事で知っているということも多いように思います。労務や衛生管理の仕事を普段からしている方は「既に知っていた」という内容も多いと思います。

私の感覚だと、第1種衛生管理者試験の難易度は「簿記3級」と同じくらいだと思います。

英語や他の資格だと事前知識で差が出ると思いますが、知識が何もない状態から始めるのであれば、「簿記3級」と同程度で数ヶ月の勉強で取得できます。

勉強中ウーパー
勉強中ウーパー
簿記3級だと高校生で取る人もいるから、私もできそうだ!

講習などは受ける必要はありません。独学がおすすめ

勉強中ウーパー
勉強中ウーパー
国家資格だからお金を払って講習とか受けたほうが良いのかな?
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
合格するだけなら独学で充分だよ!都道府県主催の講習も専門学校の講習も必要なし!

衛生管理者試験は独学で合格できる試験内容です。

「衛生管理者資格」取得のための講習会(1種は3日間、2種は2日間)を都道府県等が開催しており、会社を通して「衛生管理者資格」をとる人は会社からこの講習を受けるよう勧められると思います。

この講習で試験のポイントの解説を受けて、それを元に勉強をする。という人が多いですが、この講習会も必要ありません。

講習会では全ての内容を3日間でやるのですが、化学物質等は知らない単語だらけです。聞いていても全くわかりません。(私は参加しましたが、無駄だったと感じています。)

その時間を自分で問題集を読む時間に当てた方がいいでしょう。また、資格の専門学校の講座も全く必要ありません。お金をかけて教えてもらうほどの内容ではありません。

独学に限りますので、試験を受けると決めたら、まず問題集に目を通しましょう。

おすすめの問題集はこれです。この問題集だけで合格できました。

「衛生管理者試験」は合格率50%程度の試験です。何度でも受験できる機会がありますので、積極的にチャレンジしましょう。

衛生管理者として活躍するなら、講師の指導を受けるという選択肢も

私は職場の「衛生管理者」に専任されておらず、資格をとったものの「資格の仕事」を行っていません。

資格取得後、すぐに「衛生管理者」の業務をする方はより深い知識が必要なので、講習を受けるという選択肢もあります。

【資格対策ゼミネット】2ヶ月5,000円〜

衛生管理者試験過去問
衛生管理者試験の問題集(参考書)でオススメの本を紹介!独学でOK衛生管理者試験の勉強に必要な問題集(参考書)は過去の問題が載っている本1冊で十分です。衛生管理者試験は同じ問題が何度も出題されていますから、重点的に過去問を解くのが効率的な対策になります。...
衛生管理者試験過去問
衛生管理者の一発合格には過去問だけ!半年間同じ問題が出るわけではない。衛生管理者試験で半年間、全く同じ問題が出るというのは誤りです。半年に1回、公表試験問題として出題例が出されますが、あくまで「出題例」です。同じ問題ではありませんが、似た問題は出ることが多いので、過去問を繰り返すのが1番の対策になります。...