免許取得後

衛生管理者選任報告書の記入例と添付書類・提出の流れを解説!

衛生管理者選任報告書
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
衛生管理者カエルです!
プロフィール

・年齢:30代前半 千葉県在住
・総務・人事の担当のサラリーマン
・2020年、第一種衛生管理者試験合格
・後輩10人以上に試験対策の助言経験
・「衛生管理者.com」管理人

衛生管理者試験に合格して、無事に免許が交付されても、すぐに衛生管理者としての業務ができるわけではありません。

事業者(職場)から労働基準監督署に衛生管理者選任の報告をしなければ、衛生管理者としての業務を行うことはできません。

本記事のポイント


・衛生管理者の仕事をするには、労働基準監督署に選任報告書の送付が必要。

・衛生管理者選任報告書の提出期限は、衛生管理者選任後、14日以内が原則。

・衛生管理者選任報告書はホームページの記入例が一番わかりやすい。

衛生管理者選任報告書提出時の添付書類は「衛生管理者免許証の写し」

この記事を読んでいただければ、衛生管理者選任報告書の記載方法がわかります(第一種衛生管理者・第二種衛生管理者共通です)。

衛生管理者の関連資格、次のステップの資格を紹介(労働衛生や人事労務など)

衛生管理者選任報告書の記入例

衛生管理者 選任報告書 記入例

「衛生管理選任報告書」は衛生管理者試験に合格した「あなた」が直接書くものではなく、会社の労務担当者が記載するものです。

衛生管理選任報告様式は厚生労働省のホームページからダウンロードできます。
(インターネットからも入力が可能です。)

衛生管理者選任報告書の記入例を参考に記載してください。

あなたが職場の「衛生管理者」になる場合、労務担当者がこれらの書類を記載することになります。

従業員が労働保険に加入するのに、ひとりひとりが書類を作成しないのと同様に、通常は代表部署が作成して、労働基準監督署に提出しているはずです。

転職・就職で役に立たない?
【転職・就職で有利になりません!】衛生管理者の活かし方を解説衛生管理者の求人はほとんどなく、就職・転職で有利になるということはほとんどありません。衛生管理者限定の仕事はほとんどないため、役に立ちづらいです。転職をする場合は「人事・総務」という幅広い求人を狙うと良いでしょう。...

衛生管理者選任報告書の提出期限

提出期限
衛生管理者選任報告書の提出には少し分かりづらいルールがあります。第一種・第二種衛生管理者試験の試験範囲になっていますが、覚えていますでしょうか。

厚生労働省 衛生管理者選任報告のルール

  1. 衛生管理者を選任する事由が生じる(衛生管理者の退職など)
  2. 14日以内に後任の衛生管理者を選任
  3. 遅滞なく、管轄の労働基準監督署に衛生管理者選任報告書を送付

職場内での選任は14日以内ですが、労働基準監督署への提出は「遅滞なく(なるべく早く)」という決まりです。

14日+遅滞なくですから、交代から14日以内に提出すれば間違いないでしょう。

【合格体験談④】衛生管理者試験当日にやることと合格発表後

衛生管理者選任報告書提出の流れと添付書類

書類
あなたが衛生管理者試験に合格したあと、免許発行の申請をします。

免許が届いたら、写しをとって社内の労務担当部署に送付しましょう。あなたのできることはこれで終了です。

勉強中ウーパー
勉強中ウーパー
国家資格だから、「〇〇株式会社の衛生管理者を任ずる」みたいな賞状とかがあるのかと思った〜。笑

「衛生管理者」への選任は社内のことですから、あなたが免許証の写しを出した時点からという場合もあれば、社内会議で認められた時点という場合もあります。

選任報告書を労務担当部署から労働基準監督署に送付すれば、社外への報告業務も終了です。労働基準監督署の承認通知などは特にありません。

添付書類として、「衛生管理者免許証の写し又は資格を証する書面(又は写し)」を提出する必要があります。

会社によっては「衛生管理者選任の辞令」や「資格手当」がつく案内があるでしょう。
(※資格手当の相場は月に1,000円〜3,000円くらいのことが多いです。)

衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
毎月の資格手当とは別に、資格取得の手当で数万円もらえる会社もあるみたいだね!

まとめ 衛生管理者免許を担当部署に提出すればOK

衛生管理者免許を取得した後は、事業者(会社)が労働基準監督署に報告することになります。

会社の業種により、第一種衛生管理者を選任しなければならないか、第二種衛生管理者でもいいかが異なります。

あっさりと職場の衛生管理者になることができますし、「免許証」を使う機会がほとんどないので、あまり実感はわかないかもしれません。

衛生管理者免許

筆者は、すぐには「衛生管理者」にならなかったのですが、取得から1年以上たった2021年に先輩が異動し、私が衛生管理者の仕事を行うようになりました。

免許取得時に、免許証の写しを会社に出していたので、会社の労務担当部署から労働基準監督署へ「衛生管理者選任報告書」を出してもらうだけでした。

衛生管理者資格取得後の次のステップ、転職の可能性として、以下の記事も参考にしていただければ嬉しいです。

関連資格・次のステップ
衛生管理者の関連資格、次のステップの資格を紹介(労働衛生や保険労務など)衛生管理に関する次のステップとなる上位資格を紹介しています。衛生管理者の次の資格として、文系が目指すものに「社会保険労務士」があります。理系が目指すものに「衛生工学衛生管理者」「労働衛生コンサルタント」などがあります。資格にこだわらず、転職を検討するのもありです。...
転職
衛生管理者の転職におすすめのサービス3選!情報収集から始めよう衛生管理者の転職にオススメの3つのサービスを紹介しています。「MS-JAPAN」「リクナビNEXT」「転職アプリVIEW」の3つです。衛生管理者限定の求人は少ないため、他の職種とは異なった転職活動が必要になります。これらのサービスを使って、情報収集から始めることをオススメします。...