衛生管理者.com
Do your Best!
衛生管理者資格

【衛生管理者の受験資格】実務経験ほとんどなしでも受験が可能!

衛生管理 実務経験
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
2020年に第1種衛生管理者資格を取得した衛生管理者カエルです!

衛生管理者の受験資格は細かく16種類ありますが、全てに「労働衛生の実務に従事した経験を有するもの(=実務経験)」という文言が入っています。

全ての受験資格はコチラ(安全衛生技術試験協会のページにとびます)

「実務経験」が具体的に何を言うのか、自分が「実務経験があるもの」に当てはまるのか疑問に感じている人も多いのではないでしょうか?

本記事では、2020年に衛生管理者資格を取得した筆者が「衛生管理者試験の受験資格」と「職場内に有資格者がいない時に、どんな人が試験を受けるべきなのか」を解説します。


・私は衛生管理者の実務経験なしだけど、受験資格はない?
→幅広く「実務経験」と捉えられるので、受験資格ありとなる可能性が高いです。


・衛生管理者受験資格の「実務経験」とは具体的になんのこと?
→13の業務が定められています。


・衛生管理者の資格を職場で誰かが受けなければならない!誰がとるべき?
→労務担当者・現場の担当者に受けてもらうのがオススメです。

この記事を読んでいただければ、衛生管理者試験の受験資格や職場内で誰が受けるべきかがわかると思います。

衛生管理者の受験資格は多くの人が該当しますので安心してください!

詳しく解説していきます。

衛生管理者は一夜漬けで合格できる!?試験のオススメ勉強法・勉強時間・期間衛生管理者試験の勉強法・勉強時間・期間を解説しています。過去問とYOU TUBEを使えば誰でも合格できると思います。第2種であれば一夜漬けでの合格も不可能ではないとは思いますが、地頭がいい人に限定されると思います。...

多くの人が受験資格あり!「実務経験」の定義

勉強中ウーパー
勉強中ウーパー
「衛生管理者」の受験資格に「1年以上の実務経験」と書いてあるけど、衛生管理の仕事をしていなくても受験していいの?
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
「実務経験」は幅広く捉えて大丈夫!多くの人が「実務経験あり」と解釈してOKだよ!

衛生管理者資格を取得するために、「労働衛生の実務が必要だから、私は対象外か・・」と思うかもしれません。

これは「実務経験は幅広い業務」を対象にしています。

「労働衛生の実務」とは具体的には下記の13の業務です。

1.健康診断実施に必要な事項又は結果の処理の業務

2.作業環境の測定等作業環境の衛生上の調査の業務

3.作業条件、施設等の衛生上の改善の業務

4.労働衛生保護具、救急用具等の点検及び整備の業務

5.衛生教育の企画、実施等に関する業務

6.労働衛生の統計の作成に関する業務

7.看護師又は准看護師の業務

8.労働衛生関係の作業主任者としての業務

9.  労働衛生関係の試験研究機関における労働衛生関係の試験研究の業務

10. 自衛隊の衛生担当者、衛生隊員の業務

11. 保健衛生に関する業務

12. 保健所職員のうち、試験研究に従事する者の業務

13. 建築物環境衛生管理技術者の業務

「労働衛生の実務(13の業務)」は法令や受験資格の案内から読み解くことはできませんが、提出書類の「事業者証明書」に記載されています。
(私が実際に提出したもののため、黒塗りにしています。真ん中あたりに上記の13項目が記されています。)

労働衛生の実務経験

13の業務を見ると不安になりますが、「3.作業条件、施設等の衛生上の改善の業務」は多くの人が当てはまると思います。

職場内の自分の身の回りの清掃や整理整頓の業務がこれに当たると解釈できますので、事業主が認めれば、これを「実務経験」としてカウントして問題ありません。

私も、特別な作業管理の業務などをしていませんでしたが、事業者からの承認を受けています。

郵送などの手続き
衛生管理者試験には事業者証明書取得が難関!受験・免許申請に必要な書類を解説衛生管理者資格が「国家資格」ということもあり、申し込みや免許発行の手続きが煩雑です。送付する書類は多く、支払いが「現金のみ」ということも多いです。証明写真は合格前と合格後の2枚必要です。時間がかかることを理解しておきましょう。...

基本的には、「大卒+1年の勤務歴」または「高卒+3年の勤務歴」があれば、受験資格があることになります。(正式な案内では「勤務歴」ではなく、「実務経験」と記載されていますが、事業主が認めた証明書を提出すれば問題ありません。

自分に受験資格があるとわかったら、過去問をみることから始めましょう!

衛生管理者試験過去問
衛生管理者の一発合格には過去問だけ!半年間同じ問題が出るわけではない。衛生管理者試験で半年間、全く同じ問題が出るというのは誤りです。半年に1回、公表試験問題として出題例が出されますが、あくまで「出題例」です。同じ問題ではありませんが、似た問題は出ることが多いので、過去問を繰り返すのが1番の対策になります。...

実際に、職場内で誰かが衛生管理者資格を取得しなければならないことがあるでしょう。そんな時、どのように受験者を決めればいいでしょうか。

事業主としては若い社員に受けさせたい

勉強中ウーパー
勉強中ウーパー
誰が受けてもいいなら、他の人に受けてもらいたいなぁ。。。
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
確かに多くの人が受けれるんだけど、会社としては若い人・労務担当者・現場担当者に受けてほしいと思うよ。

「職場内で誰かが衛生管理者免許を取得しなければならない。」

そうなった時には講習代や受験料がかかるので、これからも職場にいる時間が長い若手社員に受けさせたいでしょう。

あなたが会社から受験を依頼された時には、より若い社員を推薦してもいいかもしれません。あとは、他の分野の英語や簿記をあなたが実際に勉強しているのであれば、それを理由に断ってもいいと思います。

実際に「衛生管理者資格」を誰がとることが多いのでしょうか。

労務担当者か現場担当者が免許を取得するといい

労務担当者

労務関係の担当は勤怠管理や健康診断の業務をやっていることも多いです。

また、衛生管理者の立場として「労働衛生」の立場から指導を行うこともあるので、ある程度指導をできる立場の人がいいです。

衛生管理者 就職・転職
【転職・就職で有利になりません!】衛生管理者限定の求人はほとんどない衛生管理者の求人はほとんどなく、転職でも有利になるということはほとんどありません。転職で有利になると考えて資格取得はしないほうがいいでしょう。国家資格とはいえ、数ヶ月勉強すれば取得できますし、年に何回もチャンスがあります。...

現場担当者

現場にしかわからないことも多いです。例えば、換気が行いにくく、湿度が高い部屋だったとしても製造工程ではやむを得ないということもあります。

普段はその場所にいない「衛生管理者」がそのことを指摘しても、意味がないことも多いです(もちろん、外からの目線で指摘することも必要ですが。)。

そのような理由から、現場について詳しい人が衛生管理者となり、現場での実態に即した「労働環境」の提案をしていく。というのがいいでしょう。

衛生工学衛生管理者・安全管理者など
衛生管理の関連資格を紹介(総括安全衛生管理者・衛生工学衛生管理者)衛生管理に関する資格を説明しています。総括安全衛生管理者が指揮をとり、「安全管理者」と「衛生管理者」が業務を行います。中規模事業所には「安全衛生推進者」がおかれます。また、より高度な資格に「衛生工学衛生管理者」があります。...

試験科目が得意な人に受けてもらう

あとは、得意な人に受験させるという考え方もあります。主に3つの考え方があります。

人事・労務管理に詳しい人(私はこれに当てはまった)

関係法令では労働基準法に関する問題が出題されます。

年休取得に関するルールや労働時間の上限について問題が出されるので、普段から労務を担当している人ならば、常識かもしれません。

勉強中ウーパー
勉強中ウーパー
私は年休とか勤務時間の管理を担当しているから、勉強しなくても結構分かるかも!
関係法令(有害以外)
関係法令(有害業務に係るもの以外)【第1種・第2種衛生管理者試験科目】衛生管理者試験の出題科目、5科目のうちの1つである「関係法令(有害業務に係るもの以外)」について説明しています。「労働安全衛生法」「労働基準法」関係の問題で、比較的楽しく勉強できる科目だと思います。...

化学物質を実際に使っている現場の人

化学をしっかり勉強した人や現場の人でなければ、

・ベンゼン ・ベンジジン ・黄りんマッチ という物質を知らないでしょう(化学メーカーの人でも常識ではないんですかね?)。

衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
僕はこんな単語を聞いたこともなかったです。こういう問題の知識が既にある人は合格に近いかもしれないね!
労働衛生(有害)
労働衛生(有害業務に係るもの)【第1種衛生管理者試験範囲】衛生管理者試験の出題科目、5科目のうちの1つである「労働衛生(有害業務に係るもの)」について説明しています。関連する用語としては、「粉じん・金属・ガスによる健康障害」「熱中症」「騒音」「有害物質の作業環境管理」「労働衛生保護具」などです。...

「生物」を勉強していた人

「労働生理」では人体についての問題が出ます。「高校生物」の範囲とかぶる部分が多いです。

中学理科の知識でなんとなくわかるものもありますが、高校生物までやっているとだいぶ有利だと思います。

血液がどう流れているかとか、目の組織はどうなっていてどの部位が光を感じるかなどですね。

労働生理
「労働生理」【第1種・第2種衛生管理者試験範囲】衛生管理者試験の出題科目、5科目のうちの1つである「労働生理」について説明しています。関連する用語としては、「血液」「心臓の動き」「呼吸」「栄養素と消化」「代謝」「腎臓または尿」「筋肉」「神経系」「感覚器」「視覚」「聴覚」「ストレス」「疲労」など...

すでに得意分野がある人に受けてもらうのは一つの手ですね。

完璧主義者は向いていない

最後にこれだけは言えます!完璧主義にならないことが重要です。

全ての物質名を覚えるとか、法律の全文を覚えるとか、そういったことは衛生管理者試験では求められていません。

理由とか背景はいいので、とりあえず暗記する。過去問を解いて、出題傾向をつかむ。

この姿勢で勉強することが大事です。完璧主義者は時間がかかりすぎます。難易度はそんなに高くないので、効率的に勉強して一発合格を目指しましょう!

合格率50%
衛生管理者試験の難易度・合格率は1種も2種も約50%!講習は必要?衛生管理者試験の合格率は1種、2種ともに50%程度であまり難しいものではありません。個人的な感覚で言えば、「簿記3級」と同じくらいの難易度だと思います。2ヶ月程度の勉強で合格できますし、何度も受験可能です。...
衛生管理者試験過去問
衛生管理者試験の問題集(参考書)でオススメの本を紹介!独学でOK衛生管理者試験の勉強に必要な問題集(参考書)は過去の問題が載っている本1冊で十分です。衛生管理者試験は同じ問題が何度も出題されていますから、重点的に過去問を解くのが効率的な対策になります。...

職場内で誰に受験させるか迷ったときの参考になれば幸いです。「実務経験」については職場の判断で柔軟に理由付けを行うことができます。