勉強方法・勉強期間

衛生管理者の一発合格には過去問だけ!見たことない問題は気にしない

過去問重視で一発合格
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
衛生管理者カエルです!
プロフィール

・年齢:30代前半 千葉県在住
・総務・人事担当のサラリーマン
・2020年、第一種衛生管理者試験合格
・後輩10人以上に試験対策の助言経験
・「衛生管理者.com」管理人

衛生管理者の資格取得に向けて、一発合格したいですよね?

衛生管理者の一発合格の合格率は、第一種衛生管理者で20%、第二種衛生管理者で25%ほどと言われています。
(全体の合格率は第一種衛生管理者で40%程度、第二種衛生管理者で50%程度です。)

本記事のポイント


・「衛生管理者」試験の一発合格には、過去問対策だけでOK!


・年に100回以上試験が行われているため、問題が繰り返し出題される


・半年間、全て同じ問題が出るわけではない。


・見たことない問題も出題されるが、解けなくても合格には影響がない。

一発合格したい人は、テキストは捨てて、すぐに過去問題集に取り掛かりましょう!

筆者は、過去問対策だけで第一種衛生管理者試験に合格しています。本記事を読んでいただければ、すぐに過去問に取り組みたくなると思います。

まだ、過去問題集を購入していない人は、オススメの1冊だけ先に紹介しておきます。

資格取得の手順 合格経験談①
第一種衛生管理者試験の講習会に参加し、勉強を開始。合格体験談①2020年衛生管理者合格者の体験談①です。会社から受験の打診を受けてから、都道府県ごとに行われる衛生管理者講習会に参加するまでを書いています。有害物質がたくさん出てくるので、不安になります。...

一発合格には過去問だけで十分!同じ問題が出る

衛生管理者試験のコツは、ひたすら「過去問」を解くことです。過去問の正答率を80%にできれば、本番でも合格できるでしょう。(第一種も第二種も同様です)

なぜ、過去問を解くのがいいのかというと「同じ問題が出されるから」です。

同じ問題と言っても、問題の一言一句と選択肢の順番も一緒という意味ではありません。過去問を理解できていれば、「正答できるレベルの」同じ問題です。

言葉の定義の文言が、別の言葉の定義になっていたり、肯定文が否定文になっていたりしますが、過去問と同じ知識で解答できる問題が出ます。過去問は「公表問題」として公開されています。

安全衛生技術試験協会 公表試験問題

実際に半年前と1年前の問題をやればわかります。

何個か「さっき見たな」という問題があります。過去3年分くらいやれば、「これも見たし、あれも見たな」となります。

これが正答率アップの好循環であり、衛生管理者試験の必勝法です。ではなぜ、同じ問題が出されるのでしょうか。

一夜漬けで大丈夫?
衛生管理者は一夜漬けで合格は難しい!2週間以上の勉強が現実的衛生管理者試験の勉強法・勉強時間・期間を解説しています。過去問とYOU TUBEを使えば誰でも合格できると思います。第2種であれば一夜漬けでの合格も不可能ではないとは思いますが、地頭がいい人に限定されると思います。...

同じ問題が出る理由は費用と制度上の問題?

「費用」と「衛生管理者資格設置の背景」という点から、同じ問題が出されることの説明ができます。

勉強中ウーパー
勉強中ウーパー
資格試験ではよく「過去問を解け!」って言われるけど、新しい問題を作ってくるんじゃない?
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
新しい問題も出るけど、数は多くない!実は「衛生管理者資格」は合格率が下がりすぎても困っちゃう資格なんだ!

試験問題作成の費用

資格試験を行うために問題を作成し、問題を刷り、試験官を雇います。他の資格試験も一緒ですが、士業(弁護士や公認会計士)の資格試験は基本的に1年に1回です。

1年に1、2回専門家が集まって、問題を作成すればいいのですが、一方で「衛生管理者試験」は関東では月に4回あります。さらに1種と2種の試験があり2倍の量です。

それが全国で行われるので、毎回別の問題を作るとなると、1月だけでも30パターンくらいの問題を作る必要があります。

毎回別の問題を作成する費用がありません。

TOEIC等も全国で複数回行われていますが、衛生管理者試験よりも回数が少なく、受験者数も多いです。TOEICは就活で使う学生や社会人の受験者も多いですね。

一方で、「衛生管理者試験」は受験者が限られています。受験者数が少なく、受験料収入も少ないため、問題を変更する財政的余裕がないということだと思います。

衛生管理者資格設置の背景

財政的余裕がないのは衛生管理者資格設置の背景も関係しています。

「衛生管理者資格」は個人の能力を示す物というよりは、「事業所に1人はいないといけない」という、義務で成り立っています。

下記のようにまとめられます。

事業主が利益をあげることだけを優先した劣悪な労働環境になる(労働者の搾取)

→法律を作り、事業所の衛生管理のルールを定める(労働安全衛生法)

→国が監視する余裕がないため、職場で法律が守られない(法律の穴)

→事業所に労働衛生の専門家をおき、監視させることにしよう(自主管理)

→「衛生管理者」資格をつくり、国家資格とする(資格の制定)

一定規模以上の事業所に「衛生管理者」を置く(職場の自主管理)

適切に税金を納めるために専門家の「税理士」がいます。争いを法的に解決するために専門家の「弁護士」がいます。(いずれも難関資格です。)

同じように職場の衛生管理を適切に行うための専門家が「衛生管理者」です。

しかし、「衛生管理」は事業所内で解決することであり、大きなお金が動くこともないので、お手軽に管理できるよう、国家資格として「衛生管理者」が作られたのだと思います。

だから、合格率も50%近くと非常に高いのです。
(令和3年度、第一種衛生管理者:42.7% 第二種衛生管理者:49.7%)

合格率が10%程度だと、「頑張っても合格しないので、衛生管理業務できません」と言われかねません。そうならないように、勉強すれば合格できるようにしています。

【2022年】衛生管理者テキスト・過去問題集のおすすめ5選!(第1種・第2種共通)

勉強中ウーパー
勉強中ウーパー
なるほど!難しすぎると困っちゃうから、過去問を解けば合格できるようにしているのね!
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
「国家資格」だから、合格したら労働衛生管理を積極的にやってくれるという期待もあるだろうね。

衛生管理者試験は「半年、同じ問題が出る」は「嘘」

衛生管理者試験は同じ問題が繰り返し出題されやすい傾向にあります。

一方で、衛生管理者試験で「半年間、全く同じ問題が毎回出る」という噂がありますが、それは「嘘」です。

安全衛生技術試験協会の公式ホームページに4月と10月の試験問題が掲載されています。

この掲載から半年間同じ問題だと思われる方がいますが、ある1回の試験を「例」として公表しているだけで、毎回同じ問題ということではありません。

安全衛生技術試験協会 公表試験問題

公表試験問題と全て同じではないということは理解しておいていただければと思います(半年間同じ問題だったら、さすがに全員合格してしまいますね。。)

勉強中ウーパー
勉強中ウーパー
問題が変わる前にもう一度受ければいいかと思ったけど、そんなに甘くないのね。。。

過去問と違う「見たことない問題」への対応

2022年になってから、「見たことない問題が多く、過去問だけの対策では十分ではなかった」という意見をもらうようになりました。

2022年に受験した後輩に確認し、また試験問題を確認しましたが、確かに新傾向の問題が多くなっているように思います。

しかし、テキストを全て読み込んで対策しないといけないということはなく、過去問での対策で十分だと思っています。

【過去問での対策で十分な理由】
・過去問の再利用問題は、相変わらず多い

・数問のために、テキストを全部学習するのは効率が悪い

・五者択一の問題を、6割の正答率で合格できる

過去問で見たことない問題が増えているものの、合格ラインの6割をとるために、手広く勉強するほうがリスクだと思います。

過去問以外で対策をするのであれば、YouTubeなどで紹介されている語呂合わせや最近の改正事項に絞って勉強するべきです。

衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
2022年に後輩も合格してるし、過去問中心で問題ないと思うよ。

まとめ:一発合格には過去問対策を!

過去問だけで対策できるということを、納得していただけたのではないでしょうか。

過去の問題集で対策するとなったら、下記の1冊を繰り返し解けば十分です。

後輩にアドバイスをしながら、10冊以上の衛生管理者テキストを分析して、コスパ・内容から自信を持ってオススメするのが下記のテキストです。

【第一種衛生管理者】

【第二種衛生管理者】

参考書・テキストの比較をしている記事もありますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

テキスト過去問題集5選
【2022年】衛生管理者テキスト・過去問題集のおすすめ5選!(第1種・第2種共通)衛生管理者.comでは、2022年オススメの衛生管理者試験テキスト・問題集を検証しました。第1位は「第1種衛生管理者試験問題集(令和4年度版) 解答&解説 [ 中央労働災害防止協会 ]」になります。オススメのテキスト5選を紹介しています。...

また、衛生管理者の勉強をしている人を多く見てきて、考えた「無料」「最短」をテーマにしたオススメの勉強スケジュールを紹介していますので、よろしければ併せて参考にしてみてください。

「無料」で合格を目指す
衛生管理者試験で無料合格を目指す(なるべくお金をかけずに)「衛生管理者.com」では、衛生管理者試験に無料で合格する方法を解説します。テキストや衛生管理者講習を会社の経費で支払ってもらうよう交渉しましょう。また、無料で有益な動画・語呂合わせ・過去問解説もありますので、利用するといいでしょう。...
「最短」で合格を目指す
衛生管理者試験 最短で合格を目指す!第一種は1ヶ月、第二種は2週間「衛生管理者.com」では、衛生管理者試験に最短で合格する方法を解説します。最低1日3時間の勉強を、第一種衛生管理者で1ヶ月、第二種衛生管理者で2週間継続することができれば、合格することができると考えています。通信講座・過去問題集の利用を推奨しています。...