転職・就職

衛生管理者の転職におすすめのサービス3選!情報収集から始めよう

転職
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
衛生管理者カエルです!
プロフィール

・年齢:30代前半 千葉県在住
・総務・人事担当のサラリーマン
・2020年、第一種衛生管理者試験合格
・後輩10人以上に試験対策の助言経験
・「衛生管理者.com」管理人

衛生管理者は、世の中に需要があるかよくわからないですよね。

本記事では、衛生管理者資格を活かして転職する際に利用するべき転職エージェント・転職サービス3選を紹介します。

衛生管理者に限定した求人は少なく、年収アップや待遇の改善が狙いにくいというのが正直なところです。

数少ない、いい求人を見つけるためにオススメの3サービスを紹介していきます。

衛生管理者資格が役に立ちづらいことは下記の記事でも紹介しています。

転職・就職で役に立たない?
【転職・就職で有利になりません!】衛生管理者の活かし方を解説衛生管理者の求人はほとんどなく、転職でも有利になるということはほとんどありません。転職で有利になると考えて資格取得はしないほうがいいでしょう。国家資格とはいえ、数ヶ月勉強すれば取得できますし、年に何回もチャンスがあります。...

第1位MS-Japan 管理部門特化の転職エージェント



管理部門・士業特化型転職エージェント MS-Japan
は、管理部門などに特化した転職エージェントです。

こんな人にオススメ

・衛生管理者資格を活かすことを重視したい
・専門性のあるアドバイザーに担当してほしい

職種・資格に特化したアドバイザーが転職をサポートしてくれるのが魅力です。

一般的な転職エージェントの場合、「衛生管理者資格」を知らないリクルーターがいたり、総務職から営業職への転職を勧められたりすることがよくあります。

資格に特価したアドバイザーを要する「MS-JAPAN」では、衛生管理者資格を評価し、適切な求人を紹介してくれます。

「衛生管理者」専門の求人も多く、今すぐにでも会社を辞めたいと考えている方はMS-Japan
に登録して、アドバイザーと話してみることをオススメします。

第2位リクナビNEXT 自分のペースで求人検索



リクナビNEXT
は大手人材会社のリクルートが運営する転職サイトです。

こんな人にオススメ

・いい求人があれば、転職したい
・自分のペースで転職活動を行いたい

「リクナビ」は新卒時に就職活動で利用したという方も多いのではないでしょうか。

大手のリクルートが運営するサイトですので、求人が多く、安心感があります。

また、リクルートエージェントなどの転職エージェントと違い、リクルーターがつくわけではないので、自分のペースで求人検索を行うことができます。

「衛生管理者を活かした、いい仕事があれば転職してもいいけど、そんなに焦ってるわけではない」という人が、情報収集に使うのにはピッタリのサービスです。

本腰を入れて転職をすすめる時に、リクルートエージェントやMS-Japan
に登録するということでもいいでしょう。

第3位VIEW アプリで無料のAIキャリア診断

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』(ビュー)は、転職の適性診断ができるAIアプリです。

こんな人にオススメ

・仕事は辞めたいけど、何がやりたいかわからない。
・自分の適性を知りたい

転職アプリ『VIEW』はスマホに無料ダウンロードすることで、適性診断をすることができる最新のAIアプリです。

「衛生管理者」や「総務」で求人を探していても、なかなか年収アップが難しく行き詰まってしまう方も多いです。

今までの自分の人生を振り返って「適性」や「得意なこと」を考え直すのもいいですが、気軽にAIに診断してもらったことが、天職を見つけるヒントになることもあります。

転職に踏み出す一歩として、気分転換に試してみるのも面白いと思います。

転職サービスのオススメ基準について

今回の転職サービスのオススメ3選は「転職者にとって満足できる選択ができる」という点を重視して選んでいます。

衛生管理者資格は、弁護士や税理士のような超難関国家資格ではないため、求人があまり多くないのが現状です。

転職エージェントに登録すると、年収帯の高い層への転職を勧められる可能性が高いです。

必ずしも、年収アップが「転職者の満足」につながるとは思わないため、一般的な転職エージェントをここでは紹介していません。

衛生管理者に特化していたり、幅広い選択肢から検討できるということを重視して、3選を紹介させていただきました。

まとめ:転職サービスへの登録から始めよう

衛生管理者の転職にオススメのサービス3選を紹介してきました。

「営業」「エンジニア」等に比べると、専門性・実績をアピールしづらいのが、総務系や衛生管理者の資格です。

キャリアアップが狙いやすい職種とは別の転職活動が必要だと思っています。

また、転職せずに現職での昇進を目指すというのも「いい選択」だと思います。

現職の待遇を客観的に捉えるためにも、求人情報などを得ることは必要だと考えています。

転職サイトへの登録、適性診断の受診などで変わった景色が見えるかもしれません。

あなたの転職活動を応援しています。

関連資格・次のステップ
衛生管理者の関連資格、次のステップの資格を紹介(労働衛生や保険労務など)衛生管理者.comでは、衛生管理に関する資格を説明しています。総括安全衛生管理者が指揮をとり、「安全管理者」と「衛生管理者」が業務を行います。中規模事業所には「安全衛生推進者」がおかれます。また、より高度な資格に「衛生工学衛生管理者」があります。...

【オススメの転職サービス3選】
第1位 管理部門・士業特化型転職エージェント MS-Japan

第2位 リクナビNEXT

第3位 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』(ビュー)