通信講座・eラーニング

ユーキャンの衛生管理者講座で本当に合格できるのか?【評判・口コミあり】

通信講座を学習
衛生管理者 通信講座10選
【2022年徹底比較】衛生管理者の通信講座おすすめランキング10選衛生管理者.comの考える衛生管理者通信講座のオススメ10選を紹介しています。コスパではアガルート、スキマ時間学習ならオンスク.JP、教材の網羅性ならユーキャンをオススメしています。...
衛生管理者カエル
衛生管理者カエル
2020年に第1種衛生管理者資格を取得した衛生管理者カエルです!

通信教育といえば、「生涯学習のユーキャン」というイメージがある人も多いでしょう。

通信教育を受講する上で、外せないのが最大手で老舗であるユーキャンですね。

本記事では、本当にユーキャンの通信講座を受講すべきかメリットとデメリットを解説していきます。

結論としては、「合格だけでなく、衛生管理者として網羅的な知識を身につけたい人」には、非常にオススメです。

「生涯学習のユーキャン」公式ページ

ユーキャン衛生管理者講座のメリット

ユーキャンのメリットは、長年の経験で裏付けられた豊富な教材・サポートです。

10冊以上の豊富な教材

わかりやすい図表などを用いて、過去問を分析して作られたメイン教材が6冊、問題集が3冊、重要ポイント総まとめが1冊、質問関係書類1冊の計11冊です。

衛生管理者の通信講座で、テキストが10冊以上ある講座は調べた限り、ありませんでした。

詳しく網羅的なテキストがあるため、いざとなったらテキストを読み返せばいいという安心感があります。

圧倒的な情報量・わかりやすさという点では、ユーキャンに勝る通信講座はありません。

また、重要ポイント総まとめテキストは受験生にとって、ものすごく役に立ちます。試験3日前からは総まとめテキストを覚えるまで繰り返せばいいでしょう。

添削・質問などサポートが充実

通学するスクールと違い、疑問点を先生に聞けないという不安が通信講座にはあると思いますが、

ユーキャンでは、メール・郵送でいつでも質問ができます。

長年利用されてきた業界最大手だけあり、質問への回答の適格さ、迅速さについては業界ナンバー1です。

また、本番レベルの最終課題を含めた4回の添削課題を通して、自分の合格までの距離がわかります。

1人で勉強することの不安を、打ち破ってくれるサポートがユーキャンの通信講座にはあります。

ユーキャン衛生管理者講座のデメリット

ユーキャンの講座は、料金・内容ともにやや過剰かなと思うこともあります。

受講料が39,600円とやや高額

衛生管理者の通信講座の多くは2万円台で、教材と問題集、講義動画がついているものもあります。

コスパの高さでオススメしているアガルートアカデミーの講座は20,680円です。

アガルートアカデミーの衛生管理者講座で本当に合格できるのか?【体験談あり】

2倍近くの値段が気になる方も多いでしょう。

確かに高額ではあるものの、添削・質問対応、教材の充実度を考えると妥当な価格ではあると思います。

情報量が多すぎ?

ユーキャンの教材は、情報量で圧倒しています。

他の通信講座では、要点を絞ったテキストや、効率的な知識定着を図った動画学習に注力しているところ、

ユーキャンでは「衛生管理者」として働くのに必要な情報量を教材に盛り込み、サポートも充実しています。

教材の充実は、受講生の学習時間増加にもつながっています。

正答率60%以上という、「合格」だけを目指すのであれば、ユーキャンの情報量はやや多いと思います。

一方で、完璧に理解したい、疑問を残さず試験に望みたいという方にとっては、ユーキャンの通信講座は最適です。

ユーキャン衛生管理者講座の教材・講義内容

ユーキャンの衛生管理者講座の教材は他社と比べて、非常に充実しています。

・メインテキスト:6冊
・副教材 :合格問題集3冊、重要ポイント総まとめ、添削・質問関係書類一式、ガイドブック
・添削:最終課題を含め、計4回
・質問:1日3回まで(郵送またはメール)
・講義動画:重要ポイントの解説が数十本
・問題演習:150問以上のWEBテスト

ユーキャンの講座だけで、他での学習は不要といえる教材量です。

加えて、合格までのカリキュラムをユーキャンが設定しており、途中に添削課題の提出を含んでいます。

ユーキャンからの適切なフィードバックももらえるので、モチベーションの維持にも役立ちます。

また、一番重要な試験直前用に「総まとめテキスト」「重要ポイント解説動画」「添削の最終課題」

と手厚いサポートがあるのは、受験生にとって心強いポイントです。

この内容を、他社と比較すると39,600円という価格帯も納得できますね。

ユーキャン衛生管理者講座でオススメの勉強法

ユーキャンの通信講座で、勉強の開始から試験当日に持っていくテキストまでほぼ完結できると考えています。

①メインテキスト6冊で全体の内容を理解
②添削課題やWEBテストを使って、知識を定着
③全体を一度読んだら、ひとまず問題集へ
④問題集を繰り返し解き、正答率を上げる。(適宜、テキストを読み返す)
⑤試験の2週間前くらいからは、直前用の教材を利用
「重要ポイント総まとめテキスト」「重要ポイント解説動画」「最終添削課題の見直し」
⑥試験当日も「重要ポイント総まとめテキスト」「重要ポイント解説動画」でラストスパート
(必要に応じて、質問も可能)

【参考】ユーキャン推奨の合格スケジュール

衛生管理者試験の合格には、過去問の繰り返しが重要だと考えています。

衛生管理者の一発合格には過去問だけ!

早い段階から過去問に取り組み、「重要ポイント」を定着させることがポイントです。

ユーキャンの講座は、6ヶ月の合格(第一種)を目指すコースになっています。(第二種は4ヶ月)。

仕事をしながらでもこの半分以下の期間で合格が目指せると思います。なぜなら、教材が充実しているからです。

自分で早めのスケジュールを組んで、動画学習などで定着を図りながら、2〜3ヶ月の勉強での合格を目指すのがオススメです。

衛生管理者は一夜漬けで合格できる!?試験のオススメ勉強法・勉強時間・期間

「生涯学習のユーキャン」公式ページ

ユーキャン衛生管理者講座の合格率

ユーキャン衛生管理者講座の合格率は公表されていないようです。

ユーキャンでは、他の資格に関しても受講者の合格率を公表していません。

衛生管理者試験は、月に数回試験があり、年に3,4回受けることも可能です。数回受けた人も含めると80%〜90%くらいは合格しているのではないかと思います。
(ユーキャンの通信講座に限らず、どんな勉強の仕方をしても時間をかければ合格にたどり着くでしょう。)

正式なデータはありませんが、ユーキャンの講座は内容が充実しているため、一発合格できる人が多いということは容易に想像できます。

ユーキャン衛生管理者講座の評判・口コミ

ユーキャンの衛生管理者講座利用者の口コミ等を集めてみました。

ユーキャンでしっかり勉強して、資格を取得している人が多そうです。

ユーキャンは通信講座だけでなく、書店で購入できるテキス・問題集も好評のようです!

まとめ 完璧に試験対策をしたい人にオススメ!

ユーキャンは、教材やサポートの充実度から、「勉強開始から合格後まで完璧な試験対策をしたい方」にオススメです!

テキスト・問題集・講義動画などの教材、添削・質問などのサポート体制含めて、情報量NO1の衛生管理者通信講座です。

実績あるユーキャンの通信講座は、試験合格後に「衛生管理者」として活躍する際のテキストとしても活躍することは間違いありません。

試験まで時間がある方は、無料の資料請求で教材の雰囲気を確認してみてもいいでしょう。

「生涯学習のユーキャン」公式ページ